一般社団法人 高知県労働者福祉協議会 高知県高知市本町4-1-32こうち勤労センター内5F TEL:088-824-3583/FAX:088-875-4887

お知らせ

2018年度全国研究集会を開催
 
    「貧困や社会的孤立に陥らない地域をつくろう」をテーマに
2018年6月4日(月)~5日(火)、岡山市「ホテルグランヴィア岡山」で、全国47都道府県の地方労福協、事業団体、労働団体334名の参加で高知県労福協より6名が参加しました。 開催にあたって、中央労福協神津里季生会長、開催地の伊原木隆太岡山県知事、大森雅夫岡山市長、岡山県労福協の金澤稔会長、の挨拶があり講演に入りました。
    • 講演Ⅰ「生活困窮者自立支援制度の意義と制度の見直し・地域共生社会の実現に向けて」
厚生労働省 社会・援護局 生活困窮者自立支援室 本後健氏 本後講師は、断らない支援を実践していくことが生活困窮者の存在を「見える化」することになる。そして、支え手と受け手という関係を越えて、地域のあらゆる住民が我がこととして参画し、地域のコミュニティを醸成することが必要であると話された。
    講演Ⅱ「若者支援活動の“これまで”と“これから”」
      • 特定非営利法人NPOスチューデント・サポートフェイス
 
    • 代表理事 谷口仁史氏
 
     谷口講師は、アウトリーチ(訪問支援)と重層的な支援ネットワークを活用することで総合的な支援体制を確立し、すべての子ども・若者が「安心」と「希望」を抱ける地域をつくることが重要であると力説された。
    ≪サブテーマ:支え合い・助け合いのネットワークを広げよう!≫
    事例報告①「コープおかやまの取り組み」

㈱コープファームおかやま 専務理事 眞木貴正氏

    事例報告②「“ともに”はたらき仕事を起こす」

ワーカーズコープ中四国事業本部 事務局長 牛草賢二氏

    事例報告③「若者の学びと成長を支える~奨学金ネットワークの構築」

北海道奨学金ネットワーク 事務局長 鈴木隆司氏

    事例報告④「沖縄県 ろうきん・全労済 働く仲間のゆめ・みらい基金について」

沖縄県労福協 事務局長 岡野みゆき氏

    事例報告⑤「子どもの貧困対策への取り組み」

徳島県労福協 専務理事 林善章氏

    パネルディスカッション
    パネラー
    眞木 貴正氏:コープファームおかやま
    牛草 賢二氏:ワーカーズコープ中四国事業本部
    小関顕太郎氏:北海道労福協
    岡野みゆき氏:沖縄県労福協
    林  善章氏:徳島県労福協
    コーディネーター
    花井圭子中央労福協事務局長
今後も、助け合い、支え合う共助の取り組みや生活困窮者への生活・就労支援等を、全国に広げていくことの大切さを学んだ研究集会となった。