一般社団法人 高知県労働者福祉協議会 高知県高知市本町4-1-32こうち勤労センター内5F TEL:088-824-3583/FAX:088-875-4887

ニュース&トピックス

2016年度第2回地方労福協会議を開催

P9072299[1]2016年度第2回地方労福協会議を開催

9月7日に、第2回地方労福協会議を57名の参加で札幌市「札幌グランドホテル」にて開催し、冒頭、黒河悟副会長から奨学金の無利子利用資格がありながら予算不足で利用できない残存適格者2万4千名の存在に触れ、秋からの取り組みがきわめて重要であり活発に踏み出すための会議にしたいとの挨拶があった。P9072300[1]

 意見交換では、日本学生支援機構本部との会談内容、賛同団体の具体的方法、最低賃金引上げに関する労働団体との役割分担や公契約条例制定との関係などについて意見が交わされた。

P9072334[1]  特別報告として、日本退職者連合林道寛副事務局長より「地域における連携強化に向けて」と題して、労働者自主福祉運動との連携強化を方針化し、6県のライフサポートセンターで退職者連合が協力している現状が報告され、これからも元気な高齢者の力を活かしてほしいと力強く呼びかけがあった。 今秋の主要課題である「2016生活底上げ・福祉強化キャンペーン」「奨学金問題改善に向けた第3ステージ」の2点の具体的な進め方について意見交換し、全国で取り組みを進めることを確認した。

2016年度全国研究集会を開催

全国研究集会9092625「あらゆる世代・層に広がる格差と貧困を解消するために」をテーマに,2016年度全国研究集会を開催

 2016年9月8日(木)~9日(金)、北海道札幌市「札幌グランドホテル」で、全国47都道府県の地方労福協、事業団体、労働団体他300名の参加で高知県労福協より5名が参加しました。  開催にあたって、中央労福協神津里季生会長、開催地の北海道労福協の工藤和男会長、開催地の高橋はるみ北海道知事の挨拶があり講演に入りました。

 講演Ⅰ「孤立と困窮を生まないまちづくり“支え合い”を支える」 中央大学法学部 全国研究集会9082454宮本太郎教授 ①「孤立と困窮の広がり 今起きていること」 ②「新しい保障のかたち支え合いの場の構築」

全国研究集会9082522 講演Ⅱ「全世代に広がる貧困と生活困窮者支援」 NPO法人ホットプラス代表理事 藤田孝典氏  生活困窮者支援活動から見えてきた課題について講演ならびに問題提起を受けた。

 

 特別報告1「ともに生きる地域づくり」 ワーカーズコープ北海道事業本部 佐々木あゆみ事務局長全国研究集会9092570  支援する側・支援される側誰もが支え合える地域づくりの必要性について問題提起がされた。

 特別報告2「ひとり親家庭の現状と活動から見える社会的問題全国研究集会9092604~あなたの隣にある貧困~」 しんぐるまざーず・ふぉーらむ北海道 平井照枝代表  日本における子ども・ひとり親家庭の貧困状況について、現在の傾向をわかりやすく説明があり、ひとり親家庭の貧困の要因と課題について問題提起がされた。

 パネルディスカッション 「若者をはじめとする“貧困の世代間連鎖”を断ち切るため、いま私たちにできること!」

パネラー 藤田孝典氏:NPO法人ほっとプラス代表理事

     山﨑俊一氏:北海道教職員組合中央執行委員

     石田輝正氏:連合非正規労働センター局長

     全国研究集会9092631山田太郎氏:新潟県労福協専務理事

全国研究集会9092636ーディネーター花井圭子中央労福協事務局長

 各パネラーから報告がされ、それぞれの報告に対して、藤田氏からコメントや問題提起を受け、各世代・層における格差や貧困の実情が氷山の一角にすぎないという現実を受け止め、いま私たちにできることは何か?についてディスカッションを行い、行政(自治体)・学校現場・職場・地域それぞれの現場でできることを考える良い機会となりました。 最後に花井事務局長から、「行政・自治体だけでなく、さまざまな団体が日々困窮支援に奮闘しているが、どうしても行政の縦割りでの対応となってしまっている。我々が地域の縦と横の糸を繋ぐ“かすがい役”とならなければならない。」とのまとめで締めくくった。

「森林セラピーウォーキング」のお知らせ

2016年10月7日

                                    一般社団法人

高知県労働者福祉協議会

 

「森林セラピーウォーキング」募集終了のお知らせ

11月5日(土)開催の「森林セラピーウォーキング」募集につきましては、募集を終了いたしました。

多くの皆様のお申込みいただき誠にありがとうございました。

募集人員に達した後にお申込みいただいた皆様には、大変申し訳ありませんでした。

来年度も勤労者の森事業を予定しておりますので、お楽しみにお待ちください。

受付した参加者には、後日実施要綱を送付いたします。