一般社団法人 高知県労働者福祉協議会 高知県高知市本町4-1-32こうち勤労センター内5F TEL:088-824-3583/FAX:088-875-4887

ニュース&トピックス

10月28日(月)、土佐清水市で岡村眞・高知大教授講演会を開催

高知大学岡村眞教授講演会、2013年10月28日(月)土佐清水市で

 

okamura<講演テーマ>

近づく巨大南海トラフ地震

—3.11東北地方大震災から学ぶ連動型巨大地震への備え—

次の南海地震トラフ地震ではゆれが始まっても15分程度は「地震津波予報」が出ない可能性がある。
我々はゆれが1分以上続いたら、南海地震であると考えて高台への避難を開始する必要がある。
地震への備えは出来ているか?
ゆれはじめだしたら我々は何もできない。それまでの「備え」がすべてであることを考えておいて欲しい。

南海地震とそれに連動する津波の被害想定が出され、これめでの想定を大きく上回る津波被害が予測されています。
これを受けて、県内の各自治体や自主防災組織はそれに如何に対応するか、その対策に苦慮しています。
そのような状況の中で、高知県内で津波災害への専門的見識を有する第一人者で、内閣府の中央防災会専門委員も務められる高知大学教授の岡村眞教授に、津波災害をどう想定しそれに如何に対応するかの方策について、専門的見地から指摘頂く講演会を以下の要領で土佐清水市で開催します。

LEDライト付きキーホルダーを進呈
入場者には「幡多ライフサポートセンター開局記念」として、災害に役立つLEDライト付きキーホルダーを(お一人様一個に限る)差し上げます。
尚、記念品は数に限りがあります、数量に達し次第進呈を終了します。

DSCN2077DSCN2079大きさは百円玉と比較下さい、身近に備える事が出来ます


開催日時 2013年1028日(月)、17:00会場、18:00開演
会   場 土佐清水市、土佐清水市文化会館 くろしおホール
講   師 高知大学理学部教授 岡村眞氏
共   催 幡多ライフサポートセンター、高知県労福協
後   援 土佐清水市、土佐清水市教育員会、四国労働金庫高知県本部、全労済高知県本部、一社)高知県労働者福祉協議会、高知県生活協同組合連合会、高知県労働安全衛生センター、高知県勤労者旅行会、高知新聞社、RKC高知放送、KUTVテレビ高知

協   賛 公益社団法人土佐清水市シルバー人材センター、土佐清水商工会議所、社会福祉法人土佐清水市社会福祉協議会、高知県漁協土佐清水各地区漁業組合、土佐清水市連合区長会、土佐清水市自主防災連絡協議会、土佐清水市老人クラブ連合会、土佐清水市連合婦人会、一般社団法人土佐清水市観光協会、株式会社土佐清水元気プロジェクト、土佐清水市消防団、土佐清水ライオンズクラブ、日本郵政土佐清水部会

 

会場

大きな地図で見る

岡村眞教授略歴
岡村 眞(おかむら まこと)昭和24年2月5日生
高知大学総合研究センター特任教授
高知大学南海地震防災研究支援センター長(兼任)
専門分野;地震地質学、長期地震予測研究
趣味;アウトドア全般、料理造り
昭和24年(1949年)2月5日佐賀県生まれ
昭和47年3月 鹿児島大学理学部地学科卒業 (理学士)
昭和49年3月 東北大学大学院理学研究科修士課程修了(理学修士)
昭和51年12月 東北大学大学院理学研究科博士課程退学
昭和52年1月 熊本大学助手教育学部
昭和54年10月 高知大学助手理学部
昭和56年10月 高知大学講師理学部
昭和63年4月 高知大学助教授理学部
平成2年2月理学博士(東北大学)
平成 6年4月から 高知大学教授理学部
平成11年4月 高知大学理学部自然環境科学科長
平成18年4月から 高知大学総合研究センター防災部門長併任
平成20年4月 高知大学教育研究部自然科学系理学部門教授
大学院総合人間自然科学研究科理学専攻専任担当
平成24年4月から 高知大学総合研究センター防災部門特任教授
外部委員経歴など
地震防災関係:内閣府中央防災会議「東北地方太平洋沖地震を教訓とした地震・津波対策に関する専門調査会」委員、内閣府「南海トラフの巨大地震モデル検討有識者会議」委員、原子力規制委員会原子力規制庁外部有識者(海底活断層)、文科省委託「南海トラフ巨大地震連動性評価研究」研究推進委員会委員、国土交通省高知空港港湾事務所「南海地震津波検討委員会」委員、高知県南海地震対応アドバイザー、高知市南海地震対応アドバイザー、福岡県、熊本県、長崎県、大分県、福岡市、広島市などの活断層検討委員会委員、日本学術振興会特別研究審査員、高知県南海地震条例つくり検討会会長、高知県南海地震長期浸水対策検討会委員など
地球環境変動関係:国立総合地球環境学研究所研究員、高知県環境審会長など

8月10日(土)、「反貧困フェスタinえひめ」に高知県労福協から6名が参加
DSCN2007DSCN2006









反貧困フェスタ2013inえひめが開催されました

◆高知県労福協より六名が参加
「今、隠されれている貧困をほじくりだそう」をテーマに2013年8月10日(土)午後1時半より、愛媛県松山市の愛媛大学城北キャンパスで「反貧困フェスタ2013inえひめ」が開催され、高知県からは県労福協より間嶋会長以下3名、幡多ライフサポートセンターから曽根司公事務局次長、幾久利典幹事、宮本博行監事の3名、合計6名が参加しました。

◆なぜ”ほじくる”なの?
2008年の年越し派遣村以降、ようやく私たちの生きる社会に「貧困」は潜む事に気づきました。そして、政治的にもいわゆる「自己責任」だけでは片づけられない社会問題として解決の方向に舵がとられてきています。
しかし”いま”、再び見えづらくなっているのではないでしょうか。
だからこそ、再び”貧困”をほじくり出し、貧困の「正体」をみんなで考えるきっかけづくりをするためこのフェスタが持たれています。

◆愛媛県労福協、連合愛媛、労金・労済他が協賛
この催しはオープンハンドまつやまと反貧困フェスタ実行委員会が主催し、共催に反貧困ネットワーク他、後援に愛媛県司法書士会、愛媛県弁護士会、愛媛県社協、そして愛媛県労福協、連合愛媛、四国労働金庫、全労済愛媛県本部他が協賛しています。
開会挨拶は前日弁連会長の宇都宮健児氏よりあり、貧困問題の現況を数値を上げて詳しく指摘し、また宇都宮氏は愛媛県出身という事もあり、当フェスタ運営に多くの愛媛大生が関わっている事を上げ、全国的にも愛媛大生が頑張っているとの励ましがありました。

◆「社会の課題と私たち自身の課題」と題して四氏の座談会が
全体集会の座談会は、講師に反貧困ネットワーク事務局長の湯浅誠氏、精神科医の香山リカ氏、真宗大谷派僧侶の中下大樹氏、NPO法人自殺対策支援センター・ライフリンク代表の清水康之氏の四氏、それぞれが関わっている貧困問題についてそれぞれの分野から現況と問題提起が出されました。
湯浅誠氏からは違う考え方の人に耳を傾ける、お互いが分かる言葉で話す事、自分達だけの運動に固守しない事が大切ではないかとの考え方が示され、もっとお互い人に優しい社会にしたいと、今後の活動を三つのステージに区分けし考えているとの話がありました。
全体集会を終わり15時から8つの分科会が開催され、参加者はそれぞれが分科会に参加しました。

◆当日は高知県四万十市で40.7℃の最高気温の記録が
参加当日は高知県四万十市で40.7℃の最高気温が記録され、その四万十市から参加した幡多ライフサポートセンターの三氏もさすがに驚いていましたが、会場も多くの参加者でかなりオーバーヒートしていましたが、暑さに負けず六名は最後まで参加しました。

8月8日、2013年度臨時総会を開催
mashima_s
2013年度臨時総会を開催

 期中での人事案件を審議
2013年8月8日(木)午後4時より、勤労センター7Fの四国労働金庫高知営業本部研修室で2013年度臨時総会が開催されました。
これは会員団体である四国労働金庫の役員交代による労福協理事の補欠改選と、新たに2013年6月1日に発足したライフサポートセンター事業の枠から補充役員を選任する総会で、総会議案は役員補欠選任と補充選任の人事案件とその他議案についが審議されました。
足達秀夫副会長が退任
四国労働金庫の前理事長の足立副会長からは会員役員の退任に伴い辞任届が出ており、それに代わる新役員候補として四国労働金庫から中谷達美四国労金常務理事の推薦され、またライフサポート事業に関わる役員として幡多ライフサポートセンター石井孝事務局長が労福協理事会の推薦の補充理事として立候補がありました。
臨時総会は年金福祉協会の山本弘三代議員を議長に選出し、間嶋会長の開会挨拶の後、議案審議に入りました。
山本議長より役員の人事議案が提案され、代議員の評決で出席代議員9名全員の賛成で、議案通り承認されました。
続いてその他議案に移り、山本議長が代議員及び事務局に提案を求めましたがその他議案はなく、議案審議を全て終了し午後4時30分、臨時総会を終了しました。
中谷達美氏が副会長に
その後開催された2013年度第2回理事会の互選で、中谷達美新理事が副会長に選任されました。
adati 退任した足達秀夫・前副会長
nakatani 就任した中谷達美・新副会長
ishii 就任した石井孝・新理事