一般社団法人 高知県労働者福祉協議会 高知県高知市本町4-1-32こうち勤労センター内5F TEL:088-824-3583/FAX:088-875-4887

研修・講演事業

労福協研修会「終活とは」開催

DSCN2429 2015年度高知県労福協研修会「終活とは」

 西尾和仁司法書士を講師に開催

 7月8日(水)に、高知会館にて2015年度高知県

労福協研修会を各会員団体・退職者など多くの皆さん

に参加いただき、67名の参加で開催しました。

講師は、西尾司法書士事務所・所長西尾和仁先生で、

1974年より司法書士事務所・土地家屋調査士事務所を開業され、多くの方の相談を受け信頼を得て、高知県労福協の事業活動「なんでも相談」の顧問として多くの相談業務に協力をいただいております。

講演は、「終活」未来の自分のために、残された家族のために、人生の終わりをより良いものにするための事前の準備をしてみませんか?と題し行われました。

「終活」について

 自分の人生の最後を理想的なものにするためにで、講演が始まりました。

「終活」とは、「人生の終わりのための活動」で、人間が人生の最後を迎えるにあたって行うべきことを意味する言葉である。終活という言葉が広く使われ出したのは、2035年には日本の総人口に高齢者の占める割合が

33.4%になるといわれており、核家族化・社会構造の変化により必要性が出てきたのではないかと考えられるとの事でした。

「エンディングノート」の有効活用

遺言書(記入すべきことが決まっている)とは違い法的に効力はない。自分の思いを残された家族に書き記すことが、残された者にとって故人の意思をはかり知るすべである。

病気になった時、介護が必要になった時、葬式の希望、財産貴重品など自分が色々書き留めておくのが「エンディングノート」であるとの事でした。

「相続」とは

人間の死亡率は100%で、相続は誰でも一度は経験することになります。

相続とは、ある方が亡くなった時に生前にもっていた全ての財産が当然に相続人に引き継がれることが相続である。当然に引き継がれるとは、相続人が相続の開始したこと、亡くなったことや、相続財産がどこにどれくらいあるかなどを知っていても知らなくても、それとは関係なく相続は開始し、亡くなった方の全財産が相続人のものになるという事である。相続財産、法定相続、遺言書などあまり馴染みがなく経験したことのないことについて、分かりやすく説明いただきました。

今回のテーマは、参加者にとって身近な講演であり、たいへん参考になりました。

 

7月8日(水)未来の自分のために、残される家族のために「終活とは」労福協研修会

未来の自分のため、残される家族のため
人生の終わりをより良いものとするための事前の準備をしてみませんか。

「終活とは」

sail
>

講師 西尾司法書士事務所所長 西尾和仁司法書士

1. 日時  2015年7月8日(水) 13時~
2. 場所  高知会館「飛鳥の間」 高知市本町 県庁前電停南側
3.  テーマ 「終活とは」
4. 受講料 無料

主催
一社)高知県労働者福祉協議会
共催
連合高知
高知県高退連

詳しいお問い合わせは高知県労働者福祉協議会
 ☎ 088-824-3583 まで

5月23日(土)残業代ゼロ法案を学ぶ 第41回労働安全衛生学校開催

第41回労働安全衛生学校開催のご案内

残業代ゼロ法案」は私たちの働き方が将来、根底からひっくり返るかもしれないといわれ、労働団体こぞって猛反対しています。
この法案について見識を深め法案成立阻止の考え方を学ぶ下記の学習会を計画しました。
これからの労働現場での労働者の働き方、健康問題、さらには家庭生活に何が起きるか、について様様な労働問題に対応してきた講師を招きました。
残業代ゼロ法案の正体を炙り出す活動に必ずや役に立つ思いますので、多数の方々が参加いただけますようご案内申し上げます。
nakano

講師 「中野 麻美」日本労働弁護団常任理事

1. 日時  5月23日(土) 13~15時
2.   場所  高知会館 高知市本町 県庁前電停南側
3. 講師 「中野 麻美」日本労働弁護団常任理事
4. 学習テーマ 「残業代ゼロ法案を斬る」どうなる、働き方と健康・家庭生活 いずれ全労働者に拡大適用の恐れ
5. 受講料 無料

主催団体
高知県労働安全衛生センター
連合高知
一社)高知県労働者福祉協議会

詳しいお問い合わせは高知県労働安全衛生センター
088-845-3953 担当 牧村まで