一般社団法人 高知県労働者福祉協議会 高知県高知市本町4-1-32こうち勤労センター内5F TEL:088-824-3583/FAX:088-875-4887

研修・講演事業

2017年度西部労福協第36回研究集会を開催
 
    「安心・共生社会実現に向けて」をテーマに
    2017年度西部労福協第36回研究集会を開催
    • 2017年11月9日(木)~10日(金)、岡山県岡山市「岡山プラザホテル」で、中四国9県の地方労福協、事業団体、労働団体94名の参加で開催、高知県労福協より5名が参加しました。
    開催にあたって、西部労福協・弓立浩二会長、開催地の岡山県労福協の金澤稔会長、開催地の佐藤兼郎副知事、岡山市・佐々木正士郎副市長、全労済中四国統括本部・高松俊二本部長の挨拶があり講演に入りました。
    講演Ⅰ「生活困窮者自立支援制度の成果と今後の課題」~人口減少と社会保障~
前・内閣官房地方創生統括官 山崎史郎氏
    ①なぜ、生活困窮者自立支援制度が導入されたのか
◎日本社会の変容 ◎「社会的孤立」の問題
    ②生活困窮者自立支援制度が目指すものは、なにか
◎日本の社会保障の光と影―社会保障の限界 ◎「共生支援」の考え方 ◎「取り込む」、「つなぐ」、「つよめる」 ◎生活困窮者自立支援制度のねらい ③これまでの成果と今後の課題 ◎これまでの実績 ◎今後の課題と展望―「地域共生社会の実現」
    講演Ⅱ「地域で、チームで、長い目で」
岡山県学童保育連絡協議会 糸山智栄会長 ①社会的状況 社会的弱者
    ②フードバンク岡山の設立と活動
◎生活困窮支援と食品ロスの削減 ◎子ども食堂との連携ネットワーク ◎たくさんの市民団体、行政、企業との連携で
    ③作業療法士と学童保育のコラボで発達障害児サポート
ふとしたきっかけでつながった学童保育と作業療法士
    講演Ⅲ「「奨学金制度に向けた第4ステージ」
中央労福協 北村祐司事務局次長
    ①給付型奨学金実現までの中央労福協の取り組み
    • ②第4ステージ(2017年9月~2018年5月)―今後の課題と取り組みについて
 
    講演Ⅳ「労働運動・労働者自主福祉運動への期待」
    • 連合総研理事長・前連合会長 古賀信明氏
    ①グローバリゼーションの激化と新たな枠組みの模索
    ②労働運動と労働者自主福祉事業の連帯の再構築
    ③これまでの拙い経験から学んだこと
上記各講演が行われました。参加者は大変勉強になり、今後の活動に活かして、地域での活動の広がりを進めて行くことの決意となったことと思われます。
2017年度高知県労福協研修会開催(高知・幡多)
    高知県労福協・幡多ライフサポートセンター研修会開催
    2017年7月20日(木)高知会場(146名)・7月19日(水)四万十市会場(93名)
    講演:「認知症の基礎知識と認知症予防のヒント」
    講師:堀口直子氏 長崎県出身・武蔵野音楽大学ピアノ科卒業(3000曲レパートリー)
    • ★まず、自己紹介の中で4歳のころからピアノを習い、絶対音感を体得さ
    れたとのことで、全ての音が音階で認識できる。1回聞いた音楽は絶対忘れないため、レパートリーが3000曲にもなってしまった。
 
    ★この仕事を始めたきっかけは、介護施設で演奏を行う中で皆が知っている音楽を演奏すると大変喜ばれた。また、失語症の方でも歌を歌えるという説もあるほど、音楽にはパワーがある。これを広げて何かの役に立てたいと思うようになった。もう一つは、祖母が認知症を発症し、その後意識不明の危篤状態になったため、何かしてあげようと思い、祖母の大好きな「矢切の渡し」を耳元で歌うと、3回とも呼吸器の方にハッとした反応があった。音楽が何かを変えているなと感じた。余命4日と言われていたが、4ヶ月後は話せるまで回復(認知症は治らず)し、2年6か月後に亡くなった。(この間両親が歌って聞かせていた。)このような経過から、「日本音楽レ・クリエーション指導協会」を設立し活動を開始することになった。
    • ★脳のメカニズムと役割は、大きく分けると前頭葉(思考・判断・感情他)頭頂葉(運動他)後頭部(視覚他)側頭葉(
    記憶他)の4つに別れる。では、音楽はどこの部位が活動するのか?⇒脳全体を使う。⇒脳の活性化を促す。人間の行動は、脳が全て支配しているので音楽から生まれる感情は行動をも左右する。自分の好きな歌を歌うと、気分が良くなり元気になる感覚も経験した方も多いと思うが、自分なりのテーマ曲(リラックスできる曲やストレスが発散できる音楽)を持つとよい。
    ★認知症患者数の推移については、2015年の統計では550万人(予備軍:450万人)となっているが、団塊の世代が75歳になる2025年には730万人(予備軍580万人)になると言われている。(予備軍の50%が認知症になるとのこと)
認知症は誰でも必ずなる。ならずに亡くなった方は、認知症になる前に亡くなっただけで、70歳で認知症になるか100歳もしくは105歳でなるかの違いです。 したがって、体の健康と共に「脳の健康」をいかに維持していくことが大切かということになりますが、その維持について「運動と音楽、コミュニケーション」を取り入れたレクリェーションが効果的と考えている。 また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病も認知症のリスクが上昇すると言われており、健康的な生活習慣を心がけることも重要です。 以上のような内容と共に「脳トレ実践!」として、実際に歌を歌いながら指を動かす運動を行うなど、ユーモアを交えての大変解りやすい講演でした。
2016年度高知県労福協研修会を開催

2016年度高知県労福協研修会を開催

「南海トラフ地震に備えて」~自分・家族・顧客の命を守る~
    ~こんな場合どうする!? 具体的なケーススタディを通じて、しっかり考えよう!
2017年1月21日(土)に、高知会館にて2016年度高知県労福協研修会を各会員団体・退職者など多くの皆さんに参加いただき、65名の参加で開催しました。 講師は、高知市防災対策部地域防災推進課・防災士:山本美咲氏で、研修会に先立ち地域防災推進担当係長山中晶一氏より、
            • 地域防災推進課の取り組み報告があり研修会に入りました。
            • 研修会の冒頭、午後からの開催ということで講師より頭の体操と体の体操を行い研修が始まりました。過去の南海地震の歴史から、南海トラフ地震の起こる確率の高さの説明があり、いつ起こってもおかしくない状態であるとのことであった。
地震想定のレベル1(昭和の南海地震)・レベル2(東日本大震災)の紹介があり、地震で最初にやってくるのは揺れであり、スクリーンによる「阪神淡路震災」の映像にて揺れの怖さを実感し、その後津波の動画では、海に近い「釜石市役所の撮影動画」、少し海から離れた「宮城県多賀城市の動画」で、海からの距離・地形により、津波の波力・波の勢いの違いが説明された。津波の想定では、地区により津波の到達時間や深さが違い、高知市ではかなり広いエリア・広域に渡って、1時間以上経過してから津波が来る場合もあり、津波がすぐ来ないからと言って、避難をやめてしまうとその後、来ることもあり時間も非常に大切なポイントになるとのことであった。自宅や事務所での転倒の防止対策が重要とのことで、転倒の恐れのある物は固定し、配置の見直しや避難経路を確保するためのレイアウトを見直すことが大切であると説明があった。参加者へ配布されたワークシートによる具体的なケーススタディにて、自身の行動の想定内容の確認を行った。これらがもしもの時の
            • 対応につながる、「事前の極意」であり、具体的には今日のような研修で、知識を取得し、自分だったらどうなのだろうとイージトレーニングを実施し、今後各事業所や、地域での防災訓練、AED・心肺蘇生法や消火器の使い方の訓練など積極的に参加する。もし自分が出来ないのであれば、大きな声を出して、「医療関係者の方いらっしゃいませんか」「消火器の使い方わかる方いらっしゃいませんか」と周りに助けを求めることも大切であるとの説明があった。地震発生後、揺れから命を守り、津波から命を守り、そして命を繋ぐということが始まる。命を守った後、避難所生活の話があり、参加者の理解が深まった。
最後に、講師より「皆さんの大切なご家族がどこに避難するか、必ず共有しておいてください。ご家族の安全が確認できないままでは、職場の対応とかお客様の対応もなかなかままならないと思います。安否確認の方法もありますので、ぜひ皆さん のご家庭でも話し合って、これからの対策に活かしていただきたい」で研修会を締めくくりました。